ビタミンとは良く耳にする言葉ですよね!
健康の為にビタミンをとりなさい、又は美容に良いからビタミンをとりなさい、抵抗力がつくからミカンを食べなさいと良くいわれたのではないでしょうか?
何となくのイメージで、体や美容に良いというのは分かるのですが、具体的にビタミンについて知らない人もいると思いますのでビタミンについて学んでいこうと思います。

ビタミンとは、エネルギー源や体をつくる成分ではないのですが、人が健全に成長していくためにはなくてはならない、健康を維持してくれる働きがあるのです。
すかわち、ビタミンは他の栄養素がうまく働くために機械の潤滑油のような役割があり働いてくれているのです。
どんなに最高級の部品を揃えても、それら部品が機能しないと意味がないですからね。
ビタミンはこのような立ち位置にあり、なくては生きてはいけない必要な成分なのです。
そんなビタミンですが、必要な量は凄く少なくてよいのですが、体の中では殆ど作ることができないので、食べ物から摂取する必要があるのです。

ビタミンの種類には、大きく分けて、水に溶ける水溶性ビタミンと、油脂に溶ける脂溶性ビタミンがあります。

それぞれ体への取り込まれ方や代謝に特徴があり、水溶性ビタミンは尿などから体の外へ排泄されやすく、脂溶性ビタミンは体の中に蓄積されやすいのが特徴です。
このことを踏まえておくと、水溶性ビタミンは少ない量をちょこまか摂取するのが良いです。
一方、脂溶性ビタミンは油と一緒ににとると吸収が良くなるというのがわかります。

しかし、ここで注意点が1つあります。水溶性ビタミン・脂溶性ビタミンどちらのビタミンでも、摂取し過ぎによる害が出ることがあるのです。
何事にもほどほどが良いのです。ビタミンは身体に良い成分だと思い大量に摂取すれば、どこかしらに負担や弊害が発生します。
これはビタミンに限った話ではないのですが、ビタミンの場合は、厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」を作成するぐらいですので摂取量に十分に注意して適切な量を飲むようにして下さい。

ひとてまいについて、こちらにも書いてあるので参考にしてください⇒ひとてまい 口コミ

関連記事


    グルコサミンのサプリでは効果を感じられなかった、というのを見かけることがあります。 グルコサミンを摂取すると関節に効果があるという科学的な根拠や研究結果はなく、 グルコサミンを飲んで体の中に吸収される…


    グルコサミンは天然由来の成分ですので重篤な健康被害を及ぼすような副作用はありません。 ポルトガルでグルコサミンの副作用について大規模な実験が行われているのですが、この時に確認されたのは軽い消化不良や吐…


    普段通りの食事では少ししか補給できない栄養素であろうとも、サプリメントでしたらきっちり摂取することができるので、食生活の見直しをするという時におあつらえ向きです。 栄養失調と申しますのは、肉体的な不調…


    コンドロイチンというのは、ギリシア語の「軟骨」という意味でありまして、 弾力性とか水分を保持する働きをしてくれ、 全身の関節が軽快に動くことを実現してくれます。 グルコサミンは軟骨を修復し、 老化のス…


    我々人間の体は合わせて20種のアミノ酸で作り上げられていますが、 そのうち9つの必須アミノ酸は体の中で合成生産することが不可能だとされており、 食べ物から取り入れなければいけないことを覚えておきましょ…