誰でも知ってる良いお米の味は根強い人気

コシヒカリ、ササニシキ、そしてひとめぼれ。
これらはお米の稲の品種名、ブランドです。
このブランド米は、長年日本全国で愛されています。

その中で「ひとめぼれ」は、1981年に東北の宮城県で開発されました。
もともとは“先輩米”であるササニシキが1993年の大冷害によって
深刻なダメージを受けて、その転換品種として全国規模にまで広まったお米です。

食味もよく、コシヒカリよりも栽培しやすいという長所があり
1994年には作付け面積を全国第2位にまで伸ばして以来、
私たちの食生活に根強い人気を誇っています。

ひとめぼれの魅力は、強い粘りと味の良さはもちろんですが
耐寒性を含む稲の強さにもあります。
冷害に負けない生命力をもった、非常にたくましいブランド米なのです。

安定したバランスの良さで食べれば納得

お米ファンから信頼される大きな理由は、
柔らかく冷めても美味しいこと。

『ひとめぼれ』という名前の由来は、
見た目の美しさにひとめぼれ、
食べて美味しさにひとめぼれ、
愛されるお米。

です。

その由来のとおり、ツヤツヤに輝いていて
適度な粘りと甘味に加え口当たりも良い。
その全体のバランスの良さには多くの人が魅了されます。

その証として、ひとめぼれはおかずを選びません。
日本の食卓には欠かせない焼き魚やお刺身、
煮物など日本食とは特に相性がよいとされています。

全国規模で生産されているひとめぼれですが、
毎年開催されるお米のコンクールでは、
岩手県産が「特A」という評価の常連であり有名です。
その実力は魚沼産コシヒカリと押しも押されぬ勢いがあり
美味しいお米として定評づけられています。

関連記事

    None Found