【口臭ってどうして起こるの??】

クリニック等で口臭を検査するためには「測定機器」を使います。
この医療用測定器は、主に口臭の原因となる生体ガスの量や
成分を測定・分析できますが、ガスとひと言でいってもその種類がいろいろあるんです。

ちょっと難しいお話ですが、
口臭の主な原因として挙げられるのは揮発性硫黄化合物(硫化水素やメチルメルカプタン)
と呼ばれる成分ですが、これが歯周病が原因となる場合は硫化水素より悪臭の強い
メチルメルカプタンが口中に大量発生するためと言われています。

また食べ物が要因である場合は、ニンニク料理で例えるとアリル化合物あるいはセレニウム化合物
といったガスが腸~肺に渡って排出されると考えられています。

このほかにも、ちくのう症で鼻腔に膿が溜まったことで起こるものや
何らかの病気が原因の場合もあります。

なんだか聞きなれない複雑な言葉が並んでややこしいですが、とにかく口臭とは「予防」が大切。
だって生きていく上では食事は必ずするものだし、歯磨きなどのセルフケアにも限界があります。
だからこそ「私…大丈夫かな?」と少し気を配るだけでも違います。

近年では「スメルハラスメント」という言葉があるほど。
オフィスや密室での会話は特にニオイ対策とはひとつのマナー、
エチケットとして常に意識したいところです。

【こんなにある!測定機器】

病院・クリニックで行う口臭の検査では、以下のような測定機器が
用いられています。

○MSハリメーター

○ブレストロン

○オーラルクロマ

○BBチェッカー

○リフレスHR

○ブレキシィ

基本的にはマウスピースなどの測定部に息を吹きかけることで
口臭の度合いなどが数値で表示されたり、臭いの要因となっている
「ガス」の成分を分析することができる優秀なものです。

私が参考にしたのはここです⇒病院・クリニックで行う口臭の検査

【デリケートな悩み、1人でこっそりチェックしたい】

クリニックで用いる測定器は、特殊で専門的なもの。
一般の人が簡単に購入できるものではありませんよね。

それでも予防は大切だと思えばこそ、意識して自分ひとりで常にチェックできれば
安心。恥ずかしい思いもせず、すぐにできる「口臭チェッカー」をご存じですか?

比較的低価格で、薬局やドラッグストア、通販や家電量販店などでも手に入ります。

使い方は簡単なものばかり。
フーッと息を吹きかければOK。時間もかかわらずお手軽です。

○タニタ

〇ロゼンスター

〇トップランド

〇ドンキーボックス

〇旭電機化成

〇コンテック

これらのメーカーから発売されている口臭チェッカー(ブレスチェッカー)は
約1,500円前後~で形状もコンパクト。バッグの中でかさばりません。

自分の口臭はなかなか気づけないからこそ、手軽にチェックできるこの
携帯チェッカーをおすすめします!

関連記事


    一般的にインプラントとは、歯肉内部に存在する顎の骨に、チタンで作られた人工の歯根を埋めて、その上に既製品の歯をきっちり装着する施術です。虫歯を予防するためには、通常の歯みがきだけではほとんど不可能で、…


    外科処置を行う口腔外科というのは、むし歯や歯槽膿漏更には義歯等の治療ばかりでなく、口腔内でできる多種多様な障害に強い診療科目の一つです。歯周組織を生まれ変わらせるために、エムドゲイン治療を行うのは非常…


    びっくりするかもしれませんが日本は予防における後進国と言われており、欧米人と比べて、実際は日本人の歯の寿命は短くなっていっています。元々歯の病気の予防における問題意識が違うという事が感じられます。これ…


    審美歯科治療とは、見た目の綺麗さだけでなしに、噛み合わせや歯並びの不具合の修築をし、その結果、もともと歯が持っている機能美を蘇らせることを追い求めていく治療の方法なのです。甘い嗜好品をたくさん食べたり…


    歯に固着する歯石は、プラークとは違い硬いであるが故に、ハミガキでかき取ることが厳しくなるばかりか、不都合なことに細菌の住みやすい住処となり、歯周病を誘い込みます。一例として差し歯が黄ばんでしまう要因に…