外壁塗装を行う際、塗装リフォームを頼む側として真っ先に知りたい情報は工事期間とも言えます。
塗装業者の中には、契約書に工事期間を書かない業者がいるので、きちんと工事期間を記載した契約書を提出してもらうとトラブルに繋がりにくくなります。
しかし、外壁塗装を行う際は天候の影響を強く受けるので、工事期間が長引くことがあります。
特に、雨により洗浄や塗料の乾燥期間が長引きやすくなるので、予想以上に塗装リフォームが長引いたりします。
基本的に雨が降っている日は、外壁塗装は行われません。
なぜなら、外壁や屋根が濡れている状態になるので、外壁塗装に入りたくても作業できないからです。
けれども、天候により工事期間が長引いたとしても手順がいきなり変わることはありません。
外壁塗装にも手順に一連の流れが存在し、塗装を完全に終えるには早くても10日はかかります。
工事期間が長引いたりすると塗装業者によっては何らかの手順を省くこともあります。
しかし、塗装してもらうのは依頼した自分の家なので、手抜き工事を見過ごしてしまう事態が考えられます。
なので、自分の理想としている塗装リフォームにするためにも、作業しているところを見に行く方法があります。
塗装業者に嫌な目で見られるかもしれませんが、それでも自分の家のために費用を出しているので、作業しているところに見に行ってもうるさく言われません。
外壁塗装を頼む際は、家の外側の工事を行うことを理解して、天候次第で工事期間が長引くことを知っておくと、塗装業者とのトラブルを避ける方法に繋がります。
詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒外壁塗装 手順 期間

関連記事


    高所での作業になる外壁塗装は、必ず最初に行われます。 外壁塗装において足場を組み立てる前に塗装に入る業者は、どこを探してもいないとされています。 人の身長あたりの外壁の高さなら足場を組み立てなくても塗…


    mansyon

    みなさんも一戸建ての家を所有されている方なら外壁塗装で頭を悩ませた事がある人も多いと思います。それはどうしてかというと、家の外壁塗装に掛かる費用は思った以上に高額になるからです。ですから、できれば外…