ニキビややけど、傷に効くとされるオロナインですが、そんなオロナインはワキガにも効果があるという噂があると言われています。
結論から言うと、効果があっても一時的なもので、ワキガを治療するまでには至りません。
こちらも参考にしてください⇒わきが オロナイン
一時的な消臭効果は認められますが、長期的に臭いを抑える効果はないので、治療効果はないと言えます。
よって、オロナインでわきがを治すことは難しいということになります。
しかし、一時的ではあってもオロナインに消臭効果が認められたという点に関しては、オロナインには殺菌消毒の作用があるので、それによって肌の雑菌の活動が抑えられたことによって消臭効果が出たと言えます。
オロナインに含まれている成分で、消臭効果が期待できそうな成分には「クロルヘキシジングルコン酸」があります。
医薬用殺菌薬としてさまざまな薬に使われている成分で、消毒剤にも使われています。
皮膚の細菌を殺菌する作用があり、これがワキガの原因物質を作る常在菌にも効いて、臭いを抑えてくれたのではないかと言えます。
そして「硫酸アルミニウムカリウム」は昔からワキガに効くと言われてきたミョウバンのことです。
ミョウバンには殺菌、消臭、制汗の作用があり、天然のデオトラント剤として使われてきました。
ワキガ対策石鹸やクリームにも使われている成分なので、これがワキガに効くのではと言われています。
ですが、オロナインにはワキガによって良くない成分も含まれています。
それは「オリーブ油」と「香料」です。
油分はワキガ治療には逆効果で、ワキガの原因になるアポクリン腺からの汗は皮脂と混ざり合い、これを常在菌が分解することで臭いが発生するので、油分はワキガによって良くない成分なのです。
香料については、ワキガの臭いと混ざってしまうことで余計に臭いを強めてしまいます。
オロナインには殺菌、消臭、制汗効果があるのでワキガに効果的な面もありますが、本気でワキガのケアをするのであれば、ワキガ対策専用のアイテムを使用することをおススメします。

関連記事

    None Found